Home最近の活動ニュース > 友好協会三重県支部 発会式

  

友好協会三重県支部 発会式

会場: 華王殿
    三重県松阪市高町 502    0598-51-4122

時間:18:00~20:30

出席者:計 57 名

協会役員出席者    都築 治、三宅紘一、新美鉄雄、角谷猛志、藤村建夫、柴崎 等

式典


1)主催者挨拶

会を代表して都築 治専務理事が開会の挨拶を行い、友好協会の概略を説明した。

2)来賓祝辞

野口 正県会議員、西村友志市議会議長が祝辞を述べられた。

3) 来賓紹介     開会の挨拶をする都築専務


県会議員、市会議員計 8 名の紹介。

4) 祝電披露  
  
  駐日ミャンマー大使 トゥレインタンジン閣下、文部科学副大臣 義家弘介氏、商工中金国際部長 石黒真史氏、日刊工業新聞取締役社長 井水治博氏、富士ゼロックス三重(株)代表取締役社長 宮崎博文氏、(株)小島ホールディングス代表取締役社長 小島正伸氏、A.I.N.コンサルティング合名会社代表社員 井上慶太氏、(株) エコールインターナショナル代表取締役 竹内一修氏、国土交通省ミャンマー鉄道改善委員会 高松重信氏、一般社団法人日本ミャンマーシルク協会専務理事 藤井啓二氏   

計 10 通


5) 委嘱状授与

三重県支部長丸山公章
顧問野口 正、同    都築 治
相談役西井 勇、同 永田弘和。

6) 支部長挨拶

支部長に就任した中央土木株式会社丸山公章常務執行役が、挨拶と抱負を述べた。

講演

1)藤村建夫監査役が、ビデオを交えて「ミャンマーの魅力」について講演した。
2)ジェトロ三重の中山貴弘氏から「ジェトロの支援活動」についての説明があった。尾崎 幹鳥羽市会議員からミャンマーの社会保険制度、笑がおカンパニーの島田かよ氏からミャンマーの果物についての質問があった。

懇談会

1)三宅紘一常務理事が乾杯の音頭をとり、しばし食事と懇談を行った。
2)柴崎 等監査役が締めの言葉を述べ、三本締めで会は無事終了した。

brunchmie_pic

記念撮影

祝辞と新聞記事

ミャンマー大使館と文部科学副大臣義家弘介議員から祝辞が届けられた。また、「日刊工業新聞」と地元の新聞「夕刊三重」に三重県支部発会式の記事が掲載された。

駐ミャンマー大使館

brunchmie_greeting

文部科学副大臣 義家弘介議員

branchmie_greeting2

日刊工業新聞

branchmie_greeting3

夕刊三重

brunchmie_newspaper

Copyright © 一般社団法人 日本ミャンマー友好協会 All Rights Reserved.