Home最近の活動ニュース > 在日ミャンマーの人々と(一社)日本ミャンマー友好協会との交流

  

在日ミャンマーの人々と(一社)日本ミャンマー友好協会との交流

一般社団法人日本ミャンマー友好協会は、日本とミャンマー両国間の活発な文化・経済・人材交流を推進することにより、両国間の友好と親善関係の確立に資することを目的として、次のような事業を行っている。

①日本ミャンマーの文化、経済、教育に関する情報を共有して、相互の啓発、普及に資する
②日本及びミャンマーの当該関連機関・団体又は関係者との交流及び協力
③ミャンマーからの留学生・研修生及び技術者・専門家の斡旋と受け入れ、並びに在日ミャンマー人に対する協力及び交流
特に最近、ミャンマーでは2020年2月頃からコロナウイルス感染が激しくなり、また、2021年2月1日に国軍による政変(クーデター)が起こり、直接日本・ミャンマー往来が困難になっている。一方、在日ミャンマーの人々も種々の悩みや将来への不安を抱いている方々もおられると聞き及んでいます。

株式会社富士ピー・エス殿は経営理念に「人と人をつなぐ、それはやがて、景色になる」と定められ、主要事業である橋梁や建築物が地域に溶け込み、人々と共存し、ひいては景色をカタチ創る…そんな「未来の景色をつくる」私たちの仕事への誇りであることを理念とされている。

この理念の基、国土交通省などの公的機関と各JRなどと取引相手を持たれ、且つミャンマーにもグループ会社を立ち上げておられる富士ピーエス殿は多くのミャンマーの技術者・研修生を今までに採用され、育成されている。また待遇面も日本人従業員と同じ待遇にされている。
同社で勤務されているミャンマーの人達と経済、産業、文化、習慣、教育、宗教、などと、双方が直面している課題などに関して話し合いの交流を「試行」として行い、将来的にはこの輪を日本の若者、在日本ミャンマーの人々及び同国の若者へこの輪を広げ、「日本ミャンマー交流のコミュニティ」を構築し、「日・緬間の人と人を繋ぎ、日・緬の更なる共生」を図ることを目的として交流会を継続して開催することにした。

■第1回の交流会(Zoom)、2021年8月3日(火)13:00~14:30
1,参加者 : 富士ピー・エス
大戸総務部長、市川総務部課長
八木海外事業部長、七島海外事業部副部長
チョウ テッ ウー、タッ アウン リン、キン サンダー ウィン
: 一般社団法人日本ミャンマー友好協会
高松重信 副会長
都築 治 専務理事
2.議題
(1) 各自自己紹介

(2)高松 副会長からの挨拶
・交流会の主旨

(3)議題
・ミャンマーの現状ついて
・ミャンマーの文化、日本の文化の違い等について
・ミャンマー鉄道の革新について

(4)話し合いの内容
今回は第一回目であるから、交流会の目的及び全員の自己紹介を主眼にしながら、17世紀から日本とミャンマーとの深い絆、即ちアラカン王国の日本武士、オッタマ僧正の日本に於ける3年間の勉学、アウンサン将軍と南機関による日・緬合同のビルマ独立義勇軍設立、その他を説明した。
ミャンマーの人達は初めて聞いた話もあり興味と意義を覚えたと話された。次回はミャンマーの争乱状態も起こっているから、身近なことも話合おうなどとの積極的な意見も出された。

■第2回の交流会(Zoom)、2021年9月17日(金)13:15~14:30
1.参加者 : 富士ピーエス
七嶋海外事業部副部長 市川総務部課長
チョウ テッ ウー、タッ アウン リン、キン サンダー ウィン、ニャインウェイルィン
: 一般社団法人日本ミャンマー友好協会
高松重信 副会長
都築 治 専務理事
2.議題
(1) 不安なミャンマー情勢が続く中で、今後、ミャンマーと日本の関係性(二国間交流など)はどのように変わっていくのか。また、今までと変わらないのか。

(2) このミャンマーの不安な騒乱の中で、日本企業で働くミャンマー社員の悩みなど

(3)話し合いの内容
日本とミャンマーの深い絆、戦後のミャンマーの歴史、一部欠陥はあるが複数政党に議会民主主義を目指した画期的な2008年の憲法、ミャンマーを巡る国際情勢などと今後のミャンマー推移と将来のミヤンマーが進むであろう方向などを説明し、富士ピーエス殿のミャンマー社員から御意見、悩みなどを参加者の中で話し合った。

Copyright © 一般社団法人 日本ミャンマー友好協会 All Rights Reserved.